★NEW!最新のお知らせ こどもクラスは現在満席です。 体験レッスン単発レッスンも、現在は募集を一時停止しております。 募集を再開する時には、このページでご案内させて頂きます。 ※お問合せ頂いたメールが、不具合によりすぐに届かず何日か後に届く、もしくは稀に届かない場合がございます。大変ご迷惑おかけして申し訳ございませんが、2日以内に返信が無い場合にはお電話にてお問合せ下さい。

10/7日曜日前半コースこどもクラスBLOG「ハロウィン🎃のカボチャのデッサン」

日中も肌寒く感じるようになりましたね。

今月はデッサンです。

初めてデッサンをお教室で行った時は、小学生でデッサンをすることに意味があるのか疑問を持ちながら行いました。

実際にデッサンをお子さん達に描いて頂いたら、私が思っていた以上に小学生はデッサンがとても上手なことに驚きました。

自然のものを地道によく観察することで、芸術的な確かな学びのみならず理科的な学びもできることなどの理由もあり、毎年この時期、一年に一回デッサンを行ってきました。

お子さん達がデッサン含め絵を描く前には、お子さんに沢山の名画を鑑賞して良い目を養って頂きたく、絵本で楽しむ名画シリーズなどを読むことも行ってきました。

今回は、ルノワールのお話を読みました。自分の絵が世の中に認められなくても諦めたりくじけたりすることなく大好きな絵を描き続けたルノワールのお話です。このお教室では、夏休みにコンクールなどに作品を出された生徒さんが多かったので、結果が良くても悪くても、制作することが好きなことと、諦めずに制作し続けることが大切なことを伝えたかったので、今回はルノワールのお話を選びました。

デッサンをはじめると、お子さんの中には

「絵は嫌だ、工作がいいよ~!」

という声もあがりました。一年に一回だから、とか、よく観察すると面白いんだよ、とお話してなんとか頑張って描いて頂きました。

個人で絵を描いているのなら何かに感動して描き始められますが、レッスンだとそういう訳にもいかないので難しいですね。

お子さん達が楽しめるように、更に工夫して楽しく取り組めるようにしてゆきたいと思います。

来月はキャンドル造りですので、心から楽しんで頂けるのではないでしょうか。

いずれにせよ、とても上手なデッサンが仕上がったと思います!

(描いたモチーフはペポカボチャという種類のオレンジ色のカボチャです。)