★NEW!最新のお知らせ こどもクラスは現在満席です。 体験レッスン単発レッスンも、キャンセル待ちの方が多くいらっしゃいますので、現在は募集を一時停止しております。 募集を再開する時には、このページでご案内させて頂きます。

こどものピアノコンクール

桜が散り始めましたね。

満開の桜も美しいですが

桜の花が舞い散り、淡い色の桜の絨毯が樹下にひろがってゆく様子もなんとも言えず美しいです。

さて、こども達の春休みももうすぐ終わりに近づきました。この春休み小学校2年生の我が子は「かながわ音楽コンクール」のユースピアノ部門に初挑戦し、ピアノ中心の春休みとなりました。

予選は無事通り準本選へは行けたものの本選へは進めませんでしたが、予選を通るだけでも狭き門なようで、有難いことに「入選」となるので初参加にして結果はまずまずだったかと思います。

現在ヤマハのジュニア専門コースにお世話になっており、幼稚園の時に楽器店のコンクールに出たことはあるものの外部のコンクールは初めてでした。

結果はさておき何でもやってみたくなるわが子は、実は昨年もこのコンクールに出たいと言っておりました。ですが申込書を出そうとしていた頃、学校で猛スピードで走ってきた上級生の突進を受けたわが子は転倒し頭を強打し頭蓋骨にひびが入り内出血し、勿論コンクールどころではなくなってしまいました。急性硬膜外血腫というのだそうですが、はじめは元気そうでも徐々に頭の中の出血がひろがってゆき脳を圧迫する怖い状態で、日中は元気そうだったのに夜中に急に意識障害に陥ったりするのがこれです。

幸い後遺症の心配もなさそうで、晴れて1年越しの念願のコンクールに出られた訳ですが、なかなか大変でした。

コンクールに出るからには普段以上の練習をしなければならないので、お出かけすることもできず練習してゆく子供が一番大変ですが、子供の練習に終始付き合い、段々練習に飽きたり疲れたりしてくる子供のモチベーションを本番当日までもってゆく親の私も一苦労しました。

コンクール前には一日5時間~12時間練習されるお子さんもいらっしゃるそうですが、わが子の様子を見ていると一日2時間くらいが限度なので最高で3時間弱しか練習しませんでしたが、それでも同じ曲を長い期間に渡って曲が嫌いにならない程度に上手になるよう弾きこませていくのは、わが子よりピアノが下手な私には大変でピアノ指導関連の書籍を読んだり自分も勉強が必要になりました。

わが子は自分から出たいと言ったので文句も言わず毎日頑張りましたが、それでも練習で泣いたり予選を通って歓喜したり本選に進めず落込んだりで

「なんだかコンクールが終わったらすごく疲れた~」

と言っておりました。コンクールに出場すると結果がついてまわるので精神面で心配もありましたが、今のところ来年も出たいと言っているので一安心しております。

大変ではありましたが、無事にコンクールに参加できたこと、子供の練習につきあえたこと、他の同じようにもしくはもっと厳しい練習に耐えてこられたろうお子さん達の演奏が聞けたことで私自身もとても勉強になりましたし、美術と同じ芸術なので面白いな勉強になるなと思うことも多くあり、この春休みは本当に貴重な体験ができたと思います。

この経験をお教室のお子さん達への指導へも生かし、来週のお教室から更に頑張ってゆこうと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

IMG_6133